/

シンガポール、ワクチン接種者の入国規制緩和 9月にも

シンガポールの空港の利用者数は大きく落ち込んでいる(1月)=ロイター

【シンガポール=中野貴司】シンガポールは9月初旬にも、新型コロナワクチンの接種を完了した住民や旅行者が帰国・入国する際の規制を緩和する。感染対策の進んだ国・地域からの入国者の隔離を不要にするなどして、ビジネスや観光目的の往来を徐々に増やしていく構えだ。

ローレンス・ウォン財務相が26日、国内のワクチン接種完了率が9月初旬に人口の約8割に達する見通しを明らかにしたうえで、そのころをめどに接種完了者への規制を緩和する考えを示した。一例として帰国・入国者に課している14日間の隔離を不要にしたり、短縮したりする措置をあげた。まずシンガポールと同程度に感染を抑制している国・地域からの入国者を対象に始め、段階的に対象を広げていく。

シンガポールではワクチン接種完了率が足元で5割を超え、重症患者が増えて医療体制が逼迫するリスクが低下している。入国者が増えれば、新型コロナの感染者も増える可能性はあるが、管理は可能だとみている。

一方、シンガポールの空港利用者は新型コロナ感染拡大前の水準より9割以上少なく、国際会議や観光関連産業への打撃もなお深刻だ。欧州連合(EU)などではワクチン接種証明制度によって国境を越えた往来を促進する動きが始まった。シンガポールも入国者の負担を軽減し、海外出張や旅行の需要取り込みを狙う。

シンガポールは感染抑制のため、依然として外食禁止などの厳しい行動制限を続けている。8月下旬以降は外食の再開などの規制緩和を進めていく見通しで、ワクチンが行き渡った後のニューノーマル(新常態)に向けた計画作りにも取り組んでいる。

シンガポール政府は新常態の下では「感染者は自宅で療養し、濃厚接触者の追跡に多くのコストをかける必要がなくなる可能性がある」と説明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン