/

この記事は会員限定です

春節消費、コロナ警戒が重荷 旅客数6割止まり

[有料会員限定]

【北京=川手伊織】中国の新型コロナウイルスへの警戒が、春節(旧正月)消費の重荷となりそうだ。政府が帰省自粛を呼びかけ、期間中の旅客数は新型コロナ前の6割弱にとどまる見通しだ。国家発展改革委員会も27日の記者会見で「影響は多方面に及ぶ」と認めた。旅行や飲食などサービス消費への打撃が、2021年の高成長シナリオにも影響しそうだ。

中国政府は、2月12日の春節前後40日間の旅客数が延べ17億人前後と予測...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン