/

この記事は会員限定です

台湾与党大敗、対中国政策に影響 蔡総統は党トップ辞任

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【台北=中村裕】26日投開票された台湾の統一地方選で、蔡英文(ツァイ・インウェン)総統の与党・民主進歩党(民進党)が大敗し、焦点は2024年1月の総統選に移った。民進党は党トップを引責辞任した蔡氏の人気に支えられてきたため、立て直しは容易ではない。外交をリードしてきた蔡氏の求心力は低下が必至だ。台湾の中国政策に影響が及ぶ可能性はある。

今回の地方選で、民進党は全22県市(1市は12月に延期)の首...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません