/

北朝鮮、米大統領の国連決議違反発言は「挑発」

【ソウル=鈴木壮太郎】北朝鮮の李炳哲(リ・ビョンチョル)朝鮮労働党書記は26日、バイデン米大統領が25日の北朝鮮による短距離弾道ミサイルの発射は国連決議に違反すると批判したことについて「国家の自衛権に対する露骨な侵害であり、挑発だ」と反発した。朝鮮中央通信が27日報じた。

北朝鮮が25日発射した短距離弾道ミサイル=朝鮮中央通信・ロイター

北朝鮮で核・ミサイル開発を主導してきた李氏は25日の弾道ミサイル発射試験を「主権国家の自衛権に属する行動」と主張。「正常な兵器実験を米国の執権者が国連『決議』違反だと因縁をつけ、敵対感をあらわにしたことを強く懸念する」と批判した。

金正恩(キム・ジョンウン)総書記との交渉を進めたトランプ前大統領は米国に脅威を及ぼさない短距離弾道ミサイルの発射は不問にしてきた。だが、バイデン氏はホワイトハウスでの記者会見で問題視し「もし事態をエスカレートするなら相応の行動をとる」と警告した。

李氏はこうしたバイデン政権を「好戦的」だとし「我々も米国の軍事的脅威を米本土で制圧できる自衛的権利を持たなければならない」と反発。バイデン氏が強硬発言を続ければ「米国は良くないことに直面することになるかもしれない」と警告し「今後も圧倒的な軍事力を増強していく」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン