/

この記事は会員限定です

ベトナム、LNG火力始動 石炭代替電源に育成

[有料会員限定]

【ハノイ=大西智也】ベトナムで液化天然ガス(LNG)を燃料とする火力発電事業が動き始めた。国営系が同国初のプラントを着工し、2024~25年に稼働させる計画。同国では石炭による発電が全体の半分を占めており、代替電源として育成する考えだ。フィリピンなどでも同様の動きが広がる。ウクライナ危機を発端にLNG争奪戦が激しくなる逆風下のなか、安定的な調達先を確保できるかが課題だ。

「国のエネルギー安全保障...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1961文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン