/

インドGDP0.4%増、10~12月期

コロナ感染減少で3四半期ぶりプラス

インドはコロナワクチンの接種が順調に進むかどうかも今後の景気持ち直しに影響する=ロイター

【ニューデリー=馬場燃】インド政府は26日、2020年10~12月期の実質国内総生産(GDP)が前年同期比0.4%増だったと発表した。新型コロナウイルスの感染減少に伴う経済活動の正常化により、3四半期ぶりのプラス成長になった。

実質GDPはコロナの感染拡大を受け、4~6月期に過去最悪の24.4%減、7~9月期に7.3%減と、2四半期連続でマイナス成長だった。インドのコロナ感染者は20年9月には1日あたり10万人弱と世界最多で推移していたが、12月には1万~2万人の水準に落ち着いた。

10~12月期は製造業が1.6%増、建設が6.2%増、金融・不動産が6.6%増などと幅広い業種でプラスに転じた。GDPの6割弱を占める個人消費も2.4%減にとどまり、7~9月期の11.4%減からマイナス幅が縮小した。11月のヒンズー教の大祭に伴う祭事商戦も売れ行きが比較的良かった。

インド政府は過去の実質GDPを改定したことにより、20年度の通年の見通しを8%減に下方修正した。モディ政権はコロナの感染拡大を受け、5月から地場製造業の振興をはかる施策を打ちだしてきた。21年度予算でもインフラ投資などに力を入れる。これから景気が持ち直すかどうかは、コロナ感染を抑えつつ、多くの産業を底上げできるかにかかっている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン