/

中国軍機20機、台湾の防空識別圏入り 米台に反発か

中国軍の戦闘機などが台湾のADIZに侵入した(写真は20年9月、台湾のADIZに入った中国の軍用機)=台湾国防部提供・共同

【台北=中村裕】台湾国防部(国防省)は26日、中国軍の戦闘機など計20機が同日、台湾の防空識別圏(ADIZ)に侵入したと発表した。昨年9月以来の多さで、台湾と米国が25日、沿岸警備の協力で合意したことに強い反発姿勢を示したものとみられる。

中国軍機は昨夏以降、台湾のADIZに侵入を繰り返しているが、最近は1日1~2機程度にとどまっていた。26日は、中国軍の戦闘機「殲16」10機、爆撃機「轟6K」4機、対潜哨戒機「運8」など計20機が侵入した。

中国軍機は今回、従来より活動範囲を大きく広げた。侵入したのは主に台湾の南西部だが、太平洋と南シナ海をつなぐ主要航路の台湾南部のバシー海峡を抜け、台湾の南東部にまで、まわり込んだ軍機もあった。

昨年9月には、李登輝・元総統の告別式に米国の高官が参列し、中国軍機19機がADIZなどに侵入したことがあり、それ以来の多さとなる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン