/

この記事は会員限定です

仮想通貨が急落、韓国の若者直撃 借金投資で含み損も

ソウル支局長 鈴木壮太郎

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ビットコインに代表される暗号資産(仮想通貨)の価格急落が韓国の若者を直撃している。少額から始められる手軽さから大学生の4人に1人が投資するほど過熱しているが、突然の急落で含み損を抱えた人が出ている。借金して投資している若者も多く、相場が回復しないと破産者が続出しかねない。

4割急落にぼうぜん自失

「何も考えられない。やりきれない思いです」――。アルバイトでためた100万ウォン(約10万円)を仮想通貨投資につぎ込んだ女子大生は目の前が真っ暗になった。4月の高騰で一時は500万ウォンの利益が出たが、直後に40%急落した。まだ元本割れはしていないが、含み損が発生した友達もいる。「値上がりするまで耐えるしかない。何年後になるかはわからないけど……」

韓国では仮想通貨投機が過熱する。業界推計では全世界の仮想通貨取引の1割を韓国が占め、ビットコインなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン