/

この記事は会員限定です

韓国ドラマ「イカゲーム」が映す日本の残影

ソウル支局長 鈴木壮太郎

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米ネットフリックスが配信して世界的なヒットとなった韓国ドラマ「イカゲーム」を見て、どこか懐かしさを感じた人もいたのではないだろうか。それもそのはず。巨額の賞金目当てに参加者が死闘を演じるゲームの数々は、日本由来の子どもの遊びだからだ。

ルーツは日本の植民地時代

「ムクゲの花が咲きました」――。鬼がこう歌い終わって振り向いた瞬間、動いている姿を見られたら負けのゲームは、日本の「ダルマさんが転んだ」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1775文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン