/

この記事は会員限定です

豪、中国けん制強める 軍施設増強・台湾有事にも言及

(更新) [有料会員限定]

【シドニー=松本史、北京=羽田野主】オーストラリアが米国と足並みをそろえ、中国へのけん制を強めている。モリソン首相は28日、米海兵隊が巡回駐留する軍事施設の増強を発表。ダットン国防相も25日、台湾を巡る衝突の可能性に言及した。豪政府が台湾問題に触れるのは異例だ。

モリソン氏は北部準州で記者会見し、7億4700万豪ドル(約630億円)を投じて同準州にある4つの軍事訓練施設を増強すると発表した。滑走路...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1149文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン