/

この記事は会員限定です

シンガポール、配偶者の現地就職難しく

政府、外国人規制再び強化

[有料会員限定]

シンガポールが外国人に対する雇用規制を一段と強化している。5月からは帯同家族ビザ(DP)の保有者がパートタイムで働く道が閉ざされ、海外企業は新たな働き手の確保を迫られることになった。特にDP保有者を活用してきた日本企業への影響は大きい。

「子供が幼稚園に入り、就職を考えていた矢先だったのに……」。石田咲恵さん(仮名、36)はシンガポール政府が今月初旬に発表した新たな規制に、がくぜんとした。

石田さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り486文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン