/

「シリアの主権、尊重を」中国外務省

中国外務省の汪文斌副報道局長(北京)=共同

【北京=羽田野主】中国外務省の汪文斌副報道局長は26日の記者会見で、米軍がシリア東部にある親イラン組織の施設を空爆したことに反発した。「各方面にシリアの主権と独立、領土保全を尊重し、情勢に新たな複雑な要素を加えることを回避するよう呼び掛ける」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン