/

この記事は会員限定です

タイの日系企業、コロナ前への業績回復「21年後半」最多

[有料会員限定]

【バンコク=岸本まりみ】バンコク日本人商工会議所が26日発表した2020年下期(7~12月)の日系企業景気動向調査によると、新型コロナウイルス感染拡大前の水準に業績が回復する時期について「21年後半」と答えた割合が31%と最も多かった。上期と比べて景況感に持ち直しがみられたものの足元では感染が再び拡大し、先行きは不透明になっている。

調査は20年11月16日~12月18日に会員企業1702社を対象...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り385文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン