/

この記事は会員限定です

中国華融、決算発表を再延期 国有の不良債権受け皿会社

(更新) [有料会員限定]

【上海=張勇祥】中国国有の不良債権受け皿会社である中国華融資産管理は25日、期限の4月末までに2020年12月期の年次報告を提出できないと発表した。決算発表の事実上の再延期となる。一部取引を確定できず、会計監査に時間がかかっているという。華融のドル建て債は流通利回りが20%前後で推移、金融市場で動揺が広がっている。

華融はアジア通貨危機で経営が悪化した国有銀行の不良資産を買い取るため、1999年に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン