/

この記事は会員限定です

越ビングループ、EVで欧米開拓 22年に投入

400億円投じ電池も内製 知名度向上へIPOも

[有料会員限定]

【ハノイ=大西智也】ベトナム複合企業最大手ビングループが電気自動車(EV)事業で海外展開に乗り出す。2022年に欧米市場で販売を始める予定だ。400億円強を投じてベトナム国内でEV向け電池の生産にも乗り出し、一気通貫での生産体制を整える。中国勢などアジアの自動車メーカーが続々と欧米のEV市場に参入するなか、ビングループも開拓を急ぐ。

「世界の消費者を満足させるため積極的な投資を続けてきた。これは私...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1632文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン