/

インド農家デモが拡大 警官隊と衝突 死者も

(更新)
トラクターに乗って抗議する農民ら(26日、デリー郊外)=ロイター

【ニューデリー=馬場燃】インドで農産物取引の自由化に関する農業の新法に反対する農家のデモが激しさを増している。農家の一団が26日、首都ニューデリーにトラクターで乗り込み、大規模な抗議活動を展開した。警官隊との衝突で死者もでたようだ。農家側と政府は新法の修正を巡る協議を続けているが折りあえず、長引くデモの行方は混沌としている。

同日はインドで憲法を発布した共和国記念日の祝日にあたる。政府による軍事パレードの式典が落ち着いた後、農家は正午からトラクターで行進するデモを容認されていた。ただ農家は午前9時ごろ、デリーと近隣州との州境付近にあるバリケードを破壊して予定を前倒しする形でデモを開始した。警官隊と衝突し、催涙ガスが使われる事態になり騒然とした。現地メディアなどは衝突で少なくとも農民1人が死亡したと伝えている。

農家のデモは2020年11月26日に始まって2カ月過ぎた。これまではデリーと近隣州の州境の複数地点で寝泊まりしてデモを続けていたが、一般の市民にも広く抗議の意向を伝えようとトラクターでの行進を実行したようだ。実際のデモ参加者の人数は明らかになっていないが、農家は25日時点で約20万人が首都周辺のデモに参加するとしていた。

農業の新法は20年9月に施行された農業の取引や契約に関するものだ。従来は農産物の販路が限られ、主に地域の卸売市場を売買に使わざるを得なかったが、新法で販路に制限なく自由に取引できるようになった。農家は取引自由化で従来の流通経路が崩れると、大手スーパーなどの民間業者から農産物を安く買いたたかれて収入が減ると懸念している。

農家と政府はこれまで11回の協議を重ね、政府は新法を1年半凍結する譲歩案を示した。インドの最高裁判所もデモが収束しないことを踏まえ、新法を一時停止する措置を講じた。ただ、農家はあくまで新法の完全廃止を求めており、歩み寄る姿勢はみえない。農家は政府が予算案を発表する2月1日にも議会周辺で大規模デモを計画している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン