/

この記事は会員限定です

[FT]米企業、共和党への献金再開 議会襲撃事件に区切り

[有料会員限定]
Financial Times

米連邦議会議事堂襲撃事件の発生を受けて、停止していた、米大企業による共和党への献金が再開しつつある。2月には、医療保険のシグナや半導体のインテル、通信のTモバイルなどが共和党候補の支援組織に法定上限額の献金を実施していることが明らかになった。

フェイスブックやマイクロソフト、JPモルガン・チェースなど米国の大企業の多くや、有力ロビー団体の全米商工会議所は、5人の死者を出した1月6日のワシントン暴動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3437文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン