/

この記事は会員限定です

バイデン米政権、対中新方針策定へ 「同盟国と協議」

強硬路線は当面維持 米中協力との両立探る

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】バイデン米政権が対中国政策の見直しに乗り出した。同盟国と緊密に協議したうえで新たな方針をとりまとめる。トランプ前政権が進めた強硬路線を当面は維持する一方、バイデン氏が重視する気候変動問題などの政策では中国の協力を探る構えだ。これらをどう両立させるかが焦点となる。

サキ米大統領報道官は25日の記者会見で「私たちは中国と激しい競争をしている。中国との戦略的競争は21世紀を決定づけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1404文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン