/

この記事は会員限定です

中国、過熱する忠誠心競争 党大会控え

潮流2022・動かす力②

[有料会員限定]

中国では秋に共産党指導部の人事を決める5年に1度の党大会が控える。習近平(シー・ジンピン)総書記(国家主席)の側近らが最高指導部入りを目指してしのぎを削っている。習氏の権力が強まるあまり、忠誠心競争の様相を呈している。

2021年11月の米中首脳によるオンライン協議。中国側の会場となった北京の人民大会堂で、習氏の右隣に座り身じろぎ一つしないのが日本の官房長官に相当する丁薛祥・共産党中央弁公庁主任...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1036文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン