/

香港・シンガポール、隔離なし往来へ 5月26日から

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
トラベルバブルは航空需要の回復につながる期待もある(香港国際空港)=ロイター

【香港=木原雄士】香港とシンガポールの両政府は26日、新型コロナウイルス検査などを条件に、到着後の強制隔離なしで双方を往来できる「トラベルバブル」を5月26日に始めると発表した。香港居住者には2回のワクチン接種も必須とした。

両政府は2020年11月にも隔離なし往来の方針を発表したが、香港のコロナ感染が広がって延期していた。旅行者は出発前と到着後に検査を受ける。香港居住者は2回目のワクチン接種後、14日経過した人のみがこの仕組みを利用できる。

5月26日~6月9日は双方から1日1便、6月10日以降は双方から1日2便を飛ばし、1便あたりの旅客は200人とする。26日の株式市場では航空需要が回復するとの期待から、香港のキャセイパシフィック航空やシンガポール航空の株価が上昇した。

香港とシンガポールは厳しい防疫措置をとり、域内の感染をほぼ抑え込んでいる。感染源不明の1日あたり域内感染(7日移動平均)が5人を超えた場合は、トラベルバブルを中止する仕組みも定めた。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン