/

この記事は会員限定です

中国、少子化で育児休暇延長 企業の対応が課題

[有料会員限定]

中国で共働きの夫婦に対して、育児休暇の延長など支援策が広がっている。政府は1組の夫婦に3人目の出産を認め、少子化対策に力を入れている。これを受けて上海市など地方政府も相次いで条例を改正し、支援策を打ち出す。ただ、企業側の理解や協力も必要との声が多く、どこまで実効性がある政策になるかは未知数だ。

上海市や浙江省などは25日、育児休暇などに関連する条例を改正し、即日施行した。上海市は法定の産休期間(9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り497文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン