/

台湾・蔡英文総統、党トップを辞任 地方選で与党大敗

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【台北=龍元秀明】台湾で4年に1度の統一地方選が26日、投開票された。蔡英文(ツァイ・インウェン)総統率いる与党・民主進歩党(民進党)は、台北市など主要都市で相次ぎ首長ポストを落として大敗した。蔡氏は同日夜、責任を取り党トップの党主席を辞任すると表明した。総統としての職務は続けるが、政権への打撃は避けられない。

蔡氏は26日夜、台北市内で記者会見し、「結果は期待通りでなかった。責任は全て私にある」と述べた。

同選挙は2024年1月の次期総統選の前哨戦と位置づけられる。台北市など全22県市(一部は12月18日に延期)の首長を選出した。

26日深夜に確定した選挙結果によると、同日投開票の21県市の首長ポストは、民進党が5、国民党が13、台湾民衆党が1、無所属が2だった。

対中強硬路線の民進党は、18年の前回統一地方選でも首長ポストを13から6に減らして大敗したが、今回は18年からさらに桃園市などの主要県市の首長ポストを失い、後退した。

野党・国民党は全人口の約7割が集中する直轄6市のうち、4市の首長ポストを確保し、現行2市から上積みした。民進党は3市から2市に減らした。国民党トップの朱立倫主席は26日夜、「これは国民党の勝利だけではなく、台湾のすべての人々の勝利となったことに感謝したい」と述べた。

台北市長選は元総統・蔣介石のひ孫にあたる国民党の蔣万安氏(43)が勝利した。もともと民進党が強い桃園市の市長選も、国民党の張善政氏(68)が競り勝った。

蔡氏は選挙戦終盤で、台湾への統一圧力を強める中国への対抗を強く訴えた。新型コロナウイルス対策など内政問題での批判をかわせず、大敗につながった。次期総統選に向け親中の国民党が勢いづく形となり、蔡政権の今後の対中政策に影響する可能性がある。

ニューズレター

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません