/

この記事は会員限定です

中国、香港民主派を徹底排除へ 全人代で選挙制度見直し

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】中国は3月5日に開幕する全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、香港の選挙制度の全面的な見直しを検討する。「愛国者による統治」を掲げ、中国共産党を批判する勢力の完全排除を目指す。今年の全人代では2021~25年の「第14次5カ年計画」と、35年までの長期目標にも注目が集まっている。

20年の全人代では香港国家安全維持法の制定方針を決め、香港で政治的な締め付けを強めた。今回、民主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1570文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン