/

サウジ石油施設に「発射体」攻撃 タンクで火災

【アンマン=共同】サウジアラビアの国営通信は26日、南部ジザンの石油施設で25日に「発射体」による攻撃があり、タンクで火災が発生したと伝えた。エネルギー省が明らかにした。人的被害はなかったという。イエメンの親イラン武装組織フーシ派がミサイルや無人機で攻撃した可能性がある。

サウジは22日、同国が介入するイエメン内戦の終結に向け停戦を提案した。しかし内戦で敵対するフーシ派は23日、サウジ南西部で無人機攻撃を実施したと主張し、停戦に応じない方針を示していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン