/

北朝鮮「新型ミサイル発射に成功」 弾頭2.5トンと報道

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、兵器の開発機関である国防科学院が25日に「新型戦術誘導弾(ミサイル)」の発射試験に成功したと伝えた。2019年から発射を繰り返してきた短距離弾道ミサイルの改良型とみられる。弾頭重量を2.5トンに増やし、600キロメートル沖の日本海上に設けた目標を打撃したと主張した。

北朝鮮が25日に発射した短距離弾道ミサイル=朝鮮中央通信・ロイター

北朝鮮は25日朝に2発の弾道ミサイルを日本海に向けて発射した。日本の防衛省や韓国軍は、飛行距離は約450キロメートル、高度は約60キロメートルだったと分析している。

朝鮮中央通信によると、2発のミサイルは低高度を変則軌道を描いて飛んだ。改良型の固体燃料を使用したとも伝えている。ロシアの高性能ミサイルに類似し迎撃が難しい「北朝鮮版イスカンデル」とみられ、1月の軍事パレードでは移動式発射台の車軸を増やした改良型を公開していた。

李炳哲(リ・ビョンチョル)朝鮮労働党書記が発射試験を指揮し「我々の軍事力強化と、朝鮮半島の軍事的脅威を抑制することに大きな意義がある」と話した。金正恩(キム・ジョンウン)総書記は立ち会わなかったもようだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン