/

習近平氏「中朝関係を高度に重視」 金正恩氏に返電

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信によると、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は26日までに、金正恩(キム・ジョンウン)総書記が送った祝電に返電し「私は中朝関係を高度に重視している」と伝えた。

習氏は過去の金正恩氏との会談の成果に触れ「朝鮮半島問題の政治的解決の過程を促し、世界の平和と安定を力強く守った」との認識を示した。「かつてない世界の変化が起きている。私は金総書記と共に地域の発展と繁栄を促進するため、新しくて積極的な貢献をする用意がある」と伝えた。

金正恩氏は10月23日に、3期目入りを果たした習氏への祝電を送った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません