/

フィリピン、マスク着用義務撤廃へ 入国条件も緩和

【マニラ=志賀優一】フィリピン政府は25日、屋内でのマスク着用義務を撤廃する方針を明らかにした。屋内外ともに着用義務がなくなり、入国条件や手続きも大幅に緩和する。同国は新型コロナウイルスの感染が拡大していた当時は厳しい移動・行動制限を敷き、世界でも珍しいマスクとフェイスシールドの両方着用を義務づけていた。規制緩和により観光業をはじめとして経済活性化にカジをきる。

フィリピンのフラスコ観光相が25日、明らかにした。すでに屋外でのマスク着用義務は撤廃されているが、マルコス大統領が近く大統領令を発し屋内での着用義務も撤廃する。医療機関内などは例外とし、新型コロナのワクチン未接種者や高齢者には着用を促す。

外国からの入国条件も緩和する。ワクチン未接種者が入国する際はPCR検査の陰性証明を事前に取得する必要があったが撤廃する。出発前24時間以内かフィリピン到着後の抗原検査のみに緩和する。ワクチン接種を完了し追加接種(ブースター)している人はこれまでも入国できていた。

航空便への搭乗前に自身の健康状態などを回答する仕組みも簡素化する。質問数を20問から10問に減らすほか、フィリピン到着後の登録も認める見通しだ。

フラスコ観光相は「マルコス政権による規制の撤廃により何百万ものフィリピン人の生活が恩恵を受けることになるだけでなく、観光業も活力を取り戻すことになる」と期待を込めた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません