/

この記事は会員限定です

中国紫光集団、メモリー2工場建設中止、携帯向けに注力

[有料会員限定]

経営再建中の中国半導体大手、紫光集団は中国内陸部の重慶市と四川省成都市でそれぞれ進めていた大型メモリー工場の建設を中止した。中国の投資ファンド2社を中心とする連合による再建計画の一環だ。代わりに紫光集団傘下の紫光展鋭(UNISOC)が手掛ける携帯用通信半導体の強化に向け、同社の運営体制を見直す方向で検討している。

重慶ではスマートフォンなどで情報の記録に使うDRAM工場の建設を進めていた。DRA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り785文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン