/

この記事は会員限定です

中国の躓きから学ぶ半導体戦略、「強み」伸ばすM&Aを

中国総局 多部田俊輔

[有料会員限定]

「誰も来なくなった」。中国・重慶市にある工業地域の一角を訪ねると、工事途中で放棄された広大な空き地が広がり、関係者がため息を漏らしていた。習近平(シー・ジンピン)国家主席の母校、清華大学が筆頭株主だった国策半導体会社、紫光集団が2019年にスマートフォンなどで情報の記録に使うDRAMの生産を決めた工場用地だ。

「10年間でDRAMに8000億元(約16兆円)を投じる」。紫光集団は意気込んだものの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン