/

この記事は会員限定です

台湾・長栄海運、スエズ運河の事故「回復見通せない」

[有料会員限定]

【台北=中村裕】スエズ運河で座礁した大型コンテナ船を運航する台湾大手の長栄海運(エバーグリーン・マリン)は25日、日本経済新聞の取材に対し、「いつ運航が正常化し、回復するのかは見通せない状況だ」と述べた。数百万ドル規模にのぼる可能性がある損害賠償については「事故の調査報告を待って、今後協議を進めることになるだろう」と説明した。

重大事故を受け、台湾当局である交通部(交通省)の林佳龍・交通部長(交通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り311文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン