/

この記事は会員限定です

中国ネット通販、規制で明暗 アリババ1強に異変

京東、ピンドゥオドゥオは本業好調

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【上海=松田直樹】中国のネット通販3強の業績が明暗を分けている。2021年4~6月期決算が出そろい、最大手のアリババ集団はネット企業に対する当局の規制が直撃し、2ケタの営業減益だった。京東集団(JDドットコム)と拼多多(ピンドゥオドゥオ)はアリババの苦戦を尻目に本業は好調を維持している。政府による厳しい統制がネット業界の勢力図を変えつつある。

「不正行為がなくなり、公平な環境でビジネスができるよう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1786文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン