/

この記事は会員限定です

半導体、コロナ下の成長 21年のアジア注目企業を聞く

[有料会員限定]

半導体、脱炭素、新型コロナウイルス後に訪れる内需回復――。2021年に注目するアジア企業を市場関係者に聞いたところ、3つのポイントが浮かび上がった。半導体関連は米中対立やコロナの収束が遅れても成長するとの見方が多い。温暖化ガスの排出削減を加速する中国の政策や、東南アジアやインドの景気回復が追い風になる企業への期待も高い。

台湾の華南証券投資顧問の儲祥生・董事長は半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン