/

現代百貨店がソウル最大店 屋内庭園1万平方メートル

自然光が1階にまで届く空間設計とし、5階の吹き抜け部分には大きな屋内庭園を整備した

【ソウル=細川幸太郎】韓国の現代百貨店が26日、ソウル市中心部に同市最大規模の新型店を開業する。延べ床面積9万平方メートルに600を超える店舗を誘致。緑豊かな1万平方メートルの屋内庭園を配置した。「売り上げ中心の店舗設計ではなく、自然調和型の癒やしの空間を目指す」(同社)としている。

政治や金融の中心地である汝矣島(ヨイド)に「ザ・現代ソウル」を開業する。オフィスやホテルが入居する高さ333メートルの複合ビルのうち、地下2階、地上6階を百貨店とした。高級ブランドのほか、若者が好むセレクトショップや人気の飲食店などを誘致した。

自然光を取り込む大きな庭園を整備し、飲食しながら過ごせる憩いの場を目指した。感染症対策として、通路幅を最大8メートルとするなど来店客同士が距離を取りやすいようにした。

同店舗の初年度の売上高は6300億ウォン(約600億円)を見込む。消費がネット経由にシフトするなか、実店舗の魅力を訴えて集客につなげる狙い。韓国統計庁によると2020年の百貨店販売額は19年比10%減った。ネット通販は25%増だった。韓国で富裕層が集中するソウル中心部で新型店を開き、浮上のきっかけを模索する考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン