/

この記事は会員限定です

コロナ・経済で主導権狙う 習氏、米に先手 ダボス準備会合

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】世界経済フォーラム(WEF)は25日からオンライン形式の会議「ダボス・アジェンダ」を開き、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が特別講演した。新型コロナウイルスの感染が止まらないなか、中国は国際連携を促し、バイデン米政権に先手を打つ。

習氏が演説でみせたのは新型コロナの抑制と中国経済の回復に向けた「自信」だ。中国は公式統計上はコロナの感染者数が米欧日より少なく、2020年は主要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1375文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン