/

この記事は会員限定です

日印参加のスリランカ港湾開発、年内着工へ 大使会見

中国寄りの見方「正しくない」

[有料会員限定]

1月に着任したスリランカのサンジーヴ・グナセーカラ駐日大使は、日本やインドが参加する最大都市コロンボの港湾開発事業が年内に着工するとの見通しを示した。スリランカはインド洋の要衝だが、政権が中国寄りだとの見方を「正しくない」と否定。外交は「中立だ」と述べ、米国を含め関係国と等距離を保つ姿勢を示した。

28日に都内の大使館で日本経済新聞のインタビューに応じた。この事業は2019年5月にスリランカと日印...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1093文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン