/

この記事は会員限定です

米、スリランカへの4億ドル支援を撤回 対中傾斜けん制

[有料会員限定]

米国がインド洋の要衝にあるスリランカへ提案していた4億8000万ドル(約490億円)のインフラ支援を撤回した。現政権下で急速に中国との関係を深めるスリランカへのけん制とみられるが、支援撤回はかえって中国への接近を促すことになりかねない。

在スリランカ米大使館は2020年12月17日、米国の「ミレニアム挑戦公社」がスリランカへの支援を取りやめると表明した。スリランカ最大の都市コロンボでの道路やバス路...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り724文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン