/

この記事は会員限定です

サムスン相続税1兆円超、納付手続き開始 会長一周忌

[有料会員限定]

【ソウル=細川幸太郎】韓国サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)元会長の一周忌にあたる25日を前に、総額1兆円を超える相続税の分割納付の手続きが始まった。遺族はサムスン電子やサムスン生命保険などの株式を売却する。世界的にも例のない巨額相続税の対応を迫られている。

25日午前には家族らが参加する小規模な追悼式を開催した。長男で経営トップである李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長は「故人にとってサムス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り511文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン