/

鴻海EV、1200社と連携 日本電産など部品・ソフト大手

think!多様な観点からニュースを考える
台湾の鴻海はiPhone生産に続き、EV生産でも影響力を強める狙いだ=ロイター

【台北=中村裕】台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は25日、参入準備を進める電気自動車(EV)事業で、同社への協力を表明したサプライヤーが1200社超に達したと明らかにした。ソフトウエアや自動車部品の世界大手が名を連ね、日本からは日本電産などが参加する。米アップルのiPhone生産受託で成長した実績があるだけに、部品メーカーなども高い関心を寄せる。

鴻海は北米と中国に工場を置く方針だ。2023年に量産を始め「25~27年にEV市場で世界シェア10%を獲得する」のが当面の目標だ。

自動車メーカーは通常、開発から生産まで一貫して自社で手掛ける。鴻海は、開発と生産の分業が進むスマートフォン型のビジネスモデルをEV業界に持ち込み、車メーカーが開発した製品の受託生産を狙う。

どういう部品やソフトを組み合わせれば効率よくEVを量産できるか。サプライヤーと連携して開発に着手しており、この枠組みへの参加を表明した企業が25日時点で1200社超になったという。

基幹部品の電池では、鴻海が出資もする世界大手の中国寧徳時代新能源科技(CATL)が参加する。日本からは村田製作所NTTなども名乗りを上げた。車載用半導体大手の独インフィニオン、クラウド大手のアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)やマイクロソフトなど米欧の巨大企業も加わった。IT大手の参加は「CASE」と呼ぶ次世代技術の実用化をにらんだものだ。

専門人材の採用も進む。1月にスカウトし、EV事業の最高経営責任者(CEO)に就いた鄭顕聡氏は、米フォード・モーターの中国子会社副総裁や、欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA、現ステランティス)の中国トップを務めるなど、自動車業界で40年の経験を持つ。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン