/

この記事は会員限定です

[FT]差別に打ち勝った本塁打王 ハンク・アーロン氏死去

[有料会員限定]
Financial Times

20世紀を生きた多くの米国人にとって、野球界のレジェンド、ベーブ・ルースの714本の通算最多本塁打記録以上に大きな個人の偉業の尺度はなかったかもしれない。1974年春、ハンク・アーロン氏はこの記録を破った。そして、米国の公民権運動の推進にも大きな貢献を果たした。

アーロン氏は、黒人が大リーグでプレーすることを禁止されていた時代に、人種隔離政策が敷かれていた米国南部に生まれたアフリカ系米国人だった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2495文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン