/

この記事は会員限定です

インドネシア、炭素税の導入検討 収入増へ税制改革

[有料会員限定]

【ジャカルタ=谷翔太朗】インドネシア政府は、収入増をめざした税制改革の一環として、二酸化炭素(CO2)の排出に課税する炭素税を導入する検討に入った。世界的な脱炭素の潮流に合わせるほか、新型コロナウイルス対策に伴う歳出拡大で悪化する財政を改善する狙いがある。

財務省が2022年度の導入をめざし制度設計を進めている。工場や自動車で使用する化石燃料や、CO2の排出への課税を念頭に置く。製紙やセメント、発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り695文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン