/

この記事は会員限定です

中国の脱プラ、浸透なお遠く 中小業者「対応難しく」

買い物袋やストロー1月から禁止 

[有料会員限定]

【大連=渡辺伸】中国政府が海洋汚染などの原因となるプラスチック製品の利用を大幅に制限し始めた。2021年1月から主要都市の小売店や飲食店でプラ製の買い物袋やストローを禁止した。もっとも日本経済新聞の取材で、大手企業が対応を進めているのに対し、中小業者にはあまり浸透していないことが分かった。中国はプラごみの排出量が世界最大だが、対策の浸透はなお遠い。

「プラスチックの規制って何だい? 市政府から何も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン