/

習氏、香港統治「成功」を誇示へ 返還25年式典に出席

【北京=羽田野主、香港=木原雄士】中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は7月1日に香港で開く英国からの返還25周年記念式典への出席を決めた。秋に開く共産党幹部の人事を決める5年に1度の党大会を前に、香港統治を「成功」させた実績を誇示し、3期目入りを確実にする狙いがありそうだ。

中国国営の新華社が25日に伝えた。習氏が実際に香港を訪問するかには触れていない。訪問が実現すれば、中国本土外へ出るのは2020年1月のミャンマー訪問以来となる。習氏は新型コロナウイルス感染が広がって以降、外遊を避けてきた。

3期目を狙う習氏にとって、香港統治は重要な「政治遺産」だ。香港の民主派の抗議活動を封じるため、2020年には香港国家安全維持法を制定した。米欧は「高度な自治が失われる」と非難してきたが、中国本土では支持する声が多い。

式典に合わせ香港の李家超(ジョン・リー)次期行政長官の就任式も開く。5年に1度の節目の年の式典には、これまで必ず国家主席が香港を訪れてきた。特に今年は、英中双方で「50年間維持する」と約束した一国二制度が折り返し点を迎える重要な年となる。習氏は香港統治の「成功」を直接アピールするとみられる。

香港では6月半ばから1日あたりの新型コロナウイルスの新規感染者が1000人を超え、拡大傾向にある。23日には7月1日に政府ナンバー2の政務官に就く陳国基(エリック・チャン)氏らの感染も明らかになった。式典の出席者には毎日の検査を義務付け、警備員などを事前にホテルに隔離するとの報道もある。

習氏が17年に返還20年で香港を訪れた際には3日間滞在し、香港に駐在する人民解放軍の施設も訪れた。今回、習氏の訪問が実現したとしても日帰りなど短時間の滞在になるとみられている。

香港の李次期行政長官は25日に「香港は混沌から統治、繁栄へと向かう重要な段階にある。習氏の気づかいと支援に心から感謝する」とのコメントを発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン