/

中国当局、テンセントのアプリ審査強化 現地報道

【広州=比奈田悠佑】中国の規制当局はネット大手、騰訊控股(テンセント)が新たに公開するスマートフォンアプリの審査を強化する。中国メディアが24日、報じた。中国当局は様々なデータを握るようになったネット企業の情報管理に対する監督を強めている。

中国国営中央テレビ(CCTV)系のネットメディア、央視新聞などによると、工業情報化省はテンセントが新たに公開するアプリや既存アプリの機能更新に関して技術検査を実施する。「過渡的な行政指導措置」と説明している。今年に入り工業情報化省がアプリ利用者の権利侵害について調査したところ、テンセント傘下では9つで違反行為があったという。

今回の工業情報化省の措置が恒久的になるのか、業界全体に及ぶのかなどは現時点で不明だ。中国当局はゲームアプリなどで既に許認可制度を敷いている。他の分野のアプリについても締め付けを強める可能性がある。

テンセントは24日、日本経済新聞の問い合わせに対し「アプリ利用者の権利、利益を保護するための改善を続けている。当局関係部門と協力してコンプライアンス(法令順守)のテストを進めている」と回答した。既存アプリの利用には影響しないとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン