/

シンガポール、「全員在宅勤務」を再開 27日から4週間

ワクチン接種完了8割でも感染が再拡大

着席する客に距離をとるよう促すシンガポールのカフェ(7日)=ロイター

【シンガポール=谷繭子】シンガポール政府は24日、新型コロナウイルス対策の行動規制を再び強化すると発表した。在宅勤務が基本で、外食で同席できる人数も制限する。期間は27日から10月24日までの4週間。住民の8割がワクチン接種を完了したが、新規感染が再び増えた。重症化する例は少ないが、医療逼迫を懸念した。在宅医療も増やす方針だ。

現状ではオフィスで働く人の50%が出勤できるが、これを「基本は全員在宅勤務」に切り替える。製造現場など、在宅が難しい職場の場合は、週1回の抗原検査を強く勧める。

外食で同席できるのは現状、ワクチン接種済みを条件に最大5人まで。これを同2人に減らす。3人以上の集会を禁止する。ほかの家を訪れる際の人数も2人までに抑える。

ワクチン接種を完了した人に対する追加接種(ブースター接種)は60歳以上を対象に始めたが、これを50~59歳にも広げる。未接種の小学生の感染が目立つため、小学1~5年生は27日から2週間、在宅学習に切り替える。小6だけは卒業試験受験のため登校させる。

シンガポールは8月上旬、ワクチンの普及を背景に行動規制を緩和した。だが、8月下旬には感染が再び拡大した。新たな感染者の98%が無症状か軽症で、集中治療室には余裕があるものの、医療機関が訪れる人で混雑する可能性が指摘されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン