/

この記事は会員限定です

各国、ひとり親世帯の支援急ぐ コロナ後の経済回復左右

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で家計への打撃が大きかったひとり親世帯に対し、各国が支援を急いでいる。ドイツや米国は税制改正を通じて低所得世帯への給付を増額。英国やニュージーランド(NZ)は就労支援も増やしている。経済基盤が弱い世帯ほどコロナ禍の影響が大きく、各国の重要課題になっている。

ドイツは2020年からコロナへの緊急対応としてひとり親世帯への税額控除を年約4000ユーロ(約54万円)に倍増。児童手当の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り702文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン