/

この記事は会員限定です

中国当局、SKのインテル部門買収に条件 安定供給要求

[有料会員限定]

【ソウル=細川幸太郎】韓国半導体大手SKハイニックスによる米インテルの半導体メモリー部門の買収を巡り、中国の独占禁止法当局がSKに複数の条件を要求していたことがわかった。半導体を中国企業に安定供給することや、インテルの大連工場で今後5年間継続投資するといった条件をSKが受け入れたことで買収の承認を得たという。

SKによると、中国当局の要求はメモリー製品の主要品目「NAND型フラッシュメモリー」の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り491文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン