/

この記事は会員限定です

中国、アリババ支配にメス 独禁法違反の疑いで調査

(更新) [有料会員限定]

【上海=松田直樹】中国当局は独占禁止法違反の疑いでネット大手、アリババ集団の調査を始めた。市場で優越的な地位を利用し、公平な競争環境を阻害したことなどが理由とみられる。ネット企業の急成長をけん引してきた政府が一転して規制に転じたことで、イノベーション(技術革新)に影響が及びかねない。

24日午前、浙江省杭州市にあるアリババ本社の敷地内に大型バスが続々と入った。アリババ関係者によると、捜索対象となっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1388文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン