/

この記事は会員限定です

中国不動産、社債の乱高下続く 恒大問題の余波収まらず

住宅販売減、政府の規制緩和期待も

[有料会員限定]

【上海=土居倫之】中国で不動産企業の社債利回りが乱高下している。中国恒大集団の部分債務不履行(デフォルト)に加え住宅販売が減少し、業界大手の世茂集団(シーマオ・グループ)など同業他社にも資金繰り不安が波及しているためだ。中国政府は2022年の住宅市場の政策目標を「安定」とし、不透明感の払拭に躍起になっているが、先行きは予断を許さない。

「恒大の部分デフォルト以降、中国の不動産会社の流動性圧力は一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン