/

「巨大な雲、空の半分覆う」 在トンガ日本大使がHPに

(更新)

【シドニー=松本史】在トンガの日本大使館は24日、海底火山が大規模噴火を起こした15日のトンガ国内の様子などを説明した文章をホームページ(HP)に掲載した。爆発音の後「巨大なキノコ雲が空の半分を覆い隠し」たなどと、当時の状況を克明に記述した。

宗永健作大使による「大使挨拶」と題された文章によると、在留邦人は全員無事という。15日の午後5時(日本時間午後1時)すぎ、「近くで大きな大砲を発射したような」音が響いたという。その後、噴煙が上り「空からは激しい雨のように噴出物、火山灰が降って」きたとしている。

噴火の翌日、16日の朝には「厚い火山灰で覆いつくされ真っ黒になった世界」を目にしたと説明した。また津波の影響で「海岸沿いの道路には無数の石、岩が散乱し、その中には打ち上げられたボートが混じって」いるという。

トンガ政府がこれまで発表した死者は3人、負傷者は14人だ。「島はまだ火山灰に覆われ、特に津波の被害についてはほとんど手付かずの状況」というが復旧に向けた動きが進んでいるとした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン