/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]エネルギー産業、21年も内省と減損が続く

[有料会員限定]
Financial Times

1990年代半ば以降に生まれた「ジェネレーションZ」で最も著名なスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさんでさえも、これほど急速に石油の評価が下がるとは予想していなかっただろう。石油・ガス産業の資産が価値を生まない「座礁資産」になる可能性は何年も前から議論されてきた。ところが新型コロナウイルス危機で経済が停止したことで、原油・天然ガスの採掘・生産企業はこうした考え方を暗黙のうちに受け入れざる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1189文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン